ワインで歯が染まるって本当?歯に悪いのはなぜ?

 

ワインを飲みすぎるとどうなるの?歯や舌が染まる!!

 

 

田舎に嫁いで約18年。

 

旦那はサービス業の為、

 

子供を預けて夜飲みに行くことは、なかなか出来なかった。

 

私はお酒が大好きなんですよ、ご飯抜きでもビールが飲みたいってほどに。

 

つい最近、なかなか夜出かけられない私にチャンス到来!!

 

金曜日に旦那がウチに居る!

↓ ↓ ↓

タバコを辞めれない旦那についてはこちらの記事。

 

こんなチャンスは滅多にない!近所の飲みママ友と夜の街に出ることに!

 

テンションが上がり、飲むペースも早くなってしまいました。

 

実は、私は赤ワインが大好きなんです。

 

でも、今は歯を白くすることに頑張っているため、

 

ずーっと大好きな赤ワインを絶っていたのです。

 

が、久々の嬉しさ大爆発で飲んでしまい、

 

ついつい赤ワインを頼んでしまった・・・。

 

久しぶりの赤ワイン、美味しいー!

 

もう、止まらない!結局、フルボトルを飲んでしまった。

 

だいぶ酔ってヘロヘロに。次の日は仕事なのに。

 

若い時は朝まで飲んでも平気だったのに、歳、感じるー!!

 

2時を過ぎたら目がくぼむ〜!!

 

ま、どんなに酔っ払って帰っても、歯磨きだけはなぜかちゃんとする私。

 

記憶にない時もあるけど。

 

朝、洗面所にいってみると、ちゃんと磨いた形跡がある。

 

しかし、歯ブラシ見たら、オーマイガー!

 

って朝からなりました。

 

ムラサキ色のブラシになってるしー!

 

ボロボロの顔を鏡で見て、舌の色にも驚く。

 

これ見たら本当に赤ワインの着色パワーにビックリします。

 

はぁー、やっぱり赤ワインは飲むんじゃなかった・・・。(飲みすぎだよ)

 

せっかく、白い歯を褒められたのに!

 

またせっせとホワイトニングジェルで磨こう・・・。

 

ワインで歯が溶ける!?

 

 

 

昔、コーラで歯が溶ける!!なんて話、聞いたことありましたよね。

 

炭酸飲料の酸によって歯が溶けだすそう。

 

酸性の飲食物や胃酸によって歯の表面を覆っているエナメル質が

 

溶けてしまうんです。

 

そうなると、象牙質が透けて歯が黄ばむ、

 

歯がしみるといった症状が出てしまうんです。

 

グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘系・炭酸飲料、

 

ワイン、スポーツドリンク、お酢、ビタミン剤などが挙げられます。

■柑橘系のフルーツpH4以下
■コーラpH2.2
■スポーツドリンクpH3~5
■黒酢pH3
■ワインpH3~4

pH2.2~pH3.2はとても強い酸の数値です。

 

大好きなワイン・・・控えるしかないのか・・・。

 

自分で歯を白くする方法あります。

 

 

 

赤ワインで撃沈した私ですが、

 

愛用している歯のホワイトニング専用のジェル、

 

パールホワイトプロEXプラスで自分の黄色い歯を白くできました!

↓ ↓ ↓

パールホワイトプロEXプラスは効果あるの?経過画像!

 

赤ワインに限らず、歯の着色の原因になる食べものや飲みものを

 

控えるように心がけてはいますが、

 

ついつい欲望に負けてしまうことありますよね。

 

パールホワイトプロEXプラスは、毎日の歯磨きの後にジェルで磨くだけですよ。

 

簡単なんで、飽き性で面倒くさがり屋の私でも続けられます。

 

歯のホワイトニングは継続しないと白さをキープできないの?

 

歯医者さんに通わずに、自分で歯を白くできるんです。

 

使い続けるうちに、歯の色が変わってきました。

 

パールホワイトプロEXプラスは、研磨剤が入っていないので

 

無駄に大事なエナメル質を削る心配もないので、安心して毎日使えるんです!

 

家族で使っていますよ。ぜひお試ししてみてください!!

↓ ↓ ↓ ↓

パールホワイトプロEXをお得に手に入れるには??